桜咲く

弥生と言うこの時期に適切な呼び名の月も
早くも残すは後一日となった。月日は早く、
過ぎ行く時を振り返り見ても跡形も無く、
遥か彼方の幾重もの山々に懸かる雲に消え、
今朝から降る春雨の、気ままな露となる。
来るべく我が身の処し方に沈耿なる心地で、
無駄な時間だけが過ぎていく想いで酔う。
友から「落つれば同じ谷川の水」と聞こえ、
天から「天衣無縫」なる生き様を伝え聞き、
愛と無抵抗な心を持ち、羊頭狗肉を避ける。
そんな生き方をしたいと思いながら、何時か
己が「月光仮面」となるを夢見て正義の味方
風神・雷神で奮闘するを見て欲しくもある。
                 06.03.30記
a0063554_10553227.jpg

by mikun77mukun | 2006-03-31 10:56

日々の思いを積み残しながら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31