年末の想い

年賀葉書を買って、12月も半ばになると
どのような内容にしようかと家族で話題になる。
しかし、その反面、喪中葉書が届くようにもなる。
それも、小生の年齢もあってか、そのお知らせが年々多くなってきた。
みれば、このお知らせで初めて友人の家族のご不幸を
知るに及んでは、いまさら何を言えばいいのかと
心の中で手を合わせるだけとなる。
来年は戌年。
届く年賀は賑やかなことと思うも
新年を迎えることが出来なかった方々への
哀悼もこの時期忘れないようしようとも思う。
「年々歳々花相似たり歳々年々人同じからず」a0063554_116392.jpg
by mikun77mukun | 2005-12-06 10:04

日々の思いを積み残しながら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31