不機嫌な時代

昨年から、スポーツジムに行ったりしていますが、

高齢者の傲慢な態度やマナーの酷さに辟易しています。

そのマナーの悪さは、言葉に出せない、

これまでどんな生活をしてきたのかと驚くほど。

湯浴みをせず湯船に入り、

湯船の中で自分のタオルを絞り、

サウナの中で、大声でゴルフ談義。

パウダー室では、ドライヤーで頭髪だけではなく、

下の毛や水虫足の指も乾かす始末。

プールの流しではガムが常にこびりついており、

身体の健康のためのジム通いですが、

これでは、

心のストレスが溜まってしまいます。

***

自分が幼少の頃は、

大人たちが親と同じようにマナーのない子供たちを叱って、

近所のおっさんは公衆道徳には厳しく怖かったものです。

最近、

公共施設でも自分さえ良ければというマナー無視や

客のクレーマーの酷さもニュースになったりしています。

親の過保護も信じられないほどで、

子供が靴を履いたまま電車の座席で飛び跳ね遊ぶのを、

注意すると子供をかばって逆切れする親もいるほど。

あちこちでこんな逆切れが多く、誠に住みにくい世の中になっています。

今の日本は、こころに余裕がなく、

『総不機嫌時代』になっているのかもしれません。

もっと、『のんびり』、『ゆっくり』

他人には嫌な思いをさせず、
思い遣りをもって暮らしていきたいものです。


[PR]
by mikun77mukun | 2016-10-04 11:15

日々の思いを積み残しながら
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31