神無月 

北から紅葉の知らせが届き
知人からジャガイモが届いた。
秋たけなわの神無月
今年は竹の節のような年だという。
いつも伸びているばかりが月日でなく
節となる時期があってもいい。
留まり、次のステップになる時があってもいい。
逆に時の流れが速くなりすぎて、
元へ戻らねばならない時もある。
歴史を振り返れば、そんな節の年も戻る時もあった。
水の流れと同じように時にも流れがある。
谷間を流れるおだやかな時、淀みの時。
岩を削り飛沫となり、滝になる時もなる。
どんな時も、
ほとんどの人は小船に乗って、流れに身を任せている。
時に逆らうことはできない。
辛い時は長く感じ、幸せな時は短く感じる。
振り返って悔いてみても時は戻らない。
時は戻らなくとも、
山川草木と人心を戻さなければならない時はある。
明日のことは判らないから、今この時を大事にするしかない。
年齢と共に、今この時を過す喜びは増してくる。
若い頃は激しい流れに快感を感じ、
還暦を過ぎた今、穏やかな水の流れと静寂に浸るを良しとする。
[PR]
by mikun77mukun | 2011-10-17 11:12 | 日記

日々の思いを積み残しながら


by mikun77mukun
プロフィールを見る
画像一覧