薫風の季節

上高地は近年バスでしか入れません。
一方通行の釜トンネル近くの梓川は
鉄分を多く含んだ岩石で川底が赤く染まり、
トンネルを過ぎると、
すぐに立ち枯れの樹木が残る大正池があります。

河童橋を中心に梓川沿いにいろんな小道があって、
今時分は春の気候でそよ風が心地よく
いろんな山鳥の鳴き声と川のせせらぎが
耳を和ませてくれます。
散策する道沿い足元には熊笹が
留まらずにどこまでも続いています。
緑葉樹林のなかに白樺が混じっており、
路端には朽ち果てた大樹が倒れ苔生しています。
川がせき止められて小さな池が点在し、
沼地には木板を敷き詰めた木道になっています。
散策の途中、いろんな場所で
焼岳や奥穂高が見えたりし、立ち止まってしまいます。
梓川の雪解けの水で散策の足を冷やしてくれます。

薫風の季節、昨年も行きましたが、今年も足を踏み入れました。
上高地は関西から近場ながら
いまなお自然がいっぱい残っているところです。
a0063554_16295952.jpg

[PR]
by mikun77mukun | 2011-07-14 16:30 | 日記

日々の思いを積み残しながら
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31