「ほっ」と。キャンペーン

仲良し

今朝も住まい近くは白化粧で、今週は寒さが募ります。

週初めから空には濃いグレイの雲が広がり雪国のよう。

バス停で立っていると、息の白さがどこまでも広がり、

バスの窓ガラスは雲って何も見えず、

自転車通学の学生もこの寒さでバスを利用するためか、

皆厚着をしているせいもあって、車中はいつもより混雑。

我が家を巣立った娘達3姉妹は其々家族を持って、

偶然にも同じ町内に住まいを持つ。

そのため、地域的な話題や気候は共有できます。

其々の家族が近いこともあり、共働きでもあるので、

お互い助け合うこともよくある様子。

孫達も小学生になると我が家に泊まりに来ます。

娘たちが巣立っても、孫従妹同士が泊りに来て、

我が家は賑やかになります。

高齢の身には疲れますが、うれしいこと楽しいことです。

孫達が喜ぶようにとゲームや遊具を色々と揃えています。

Wii、カラオケ、色々なカード類、ブロック類等々。

娘たちの時代には貧しくて買ってあげられずにいたから、

今その償いを孫にしているのかもしれません。

この孫達ももっと成長してそれぞれの青春を迎えると

もう寄り付かなくなるかもしれませんが、

その前に、春秋高し自分は全ての記憶が薄くなり、

もう孫の名前も出てこなくなるかもしれません。

その時は、

老夫婦酒盃を掲げ、笑い合うしかないかなぁ・・

a0063554_16213042.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2017-01-25 16:27 | 日記 | Comments(0)

自宅の居酒屋

今日20日は大寒で、陽が射すところに、

たちまち雲流れだしこれからは雨模様。

さすが寒さ厳しい日々で、

24日の立春まではこの寒さが続くようです。

週の始まり、住まい近くは珍しく積雪があり、

本通りは凍てつき車では脇道は通行できないほど。

バス待ちの前でバイクが転倒、バイクを起こそうとするが

タイヤが滑って、だるまころがしのように目の前から離れていく。

夢のようで、

ちょっとおかしくなって不謹慎ながら心の中で笑ってしまった。


年始の神社参拝では今まで以上に心を込めて家内安全、無事を祈念。

その甲斐あって、穏やかな何事も起こらない静かな年の始まりです。

この安心しきった気持ちが心のスキを生むと思い、今一度深呼吸しながら、

緊張してみんとの心持です。

まず先に楽しみの予定を持っておきたいものですが、現在は全くないので、

せっかくの新しい手帳も寂しく、昨日のささやかな行動をメモしてみた。

しかし、その行動範囲も小さくて近くの図書館に行っただけ。

はやく予定をいっぱい立てようと思うがこの寒さでは、出不精になる。

残念ながら、今年は寒さが骨身に染み渡るので、

連れ合い手作り『お通し』で自宅居酒屋が流行って太ります。

a0063554_15114112.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2017-01-20 15:16 | 日記 | Comments(0)

年明けのドライブ

寒さでじっとしていると、いつの間にか年越し、今日は

酉年、2017110日となって、はや日常のくらしです。

先週末土日、飛騨路を高山へ連れ合いとドライブしました。

雪国飛騨の路面凍結や雪道を心配しましたが、快適に無事帰宅。

おおよそ半世紀前の大学時代にバイトで過ごした髙山は

田舎らしい地元民の地味さと、名産品店や呑み処には素朴さを感じ、

都会との隔たりがどこにでもあり、街中はのんびりとし、

時の流れもゆったりしていました。
観光地化された今とは様子がおおきく違っており、
その面影は、もう今やありません。

鍛冶橋すぐそばの『みたらし団子』を売る小さな屋台は、

もう2代目と言います。

宮川沿いの朝市露店は若者たちの売り声が響いて、

ならぶ商品はどこにでもあるお土産物も含まれ、

もう地産品だけではありませんでした。

高台に登ると、碁盤の目の高山市内が一望できますが、

以前には少なかったビルが目立つ街となっていました。

碁盤の目の町並みと真ん中に流れる宮川と軒下低く豪邸を慎ましく見せる設え。

商店街の先には軒があって、全ての雰囲気が小京都とよばれる街でした。

半世紀前の暮れや年明けにはほとんど積雪があったのですが、

今はもう雪国と呼べないほど路の片隅にも雪の残りはなかった。

ただ、地元の方とのやりとりは、以前と同じおだやかななまり言葉で、

いつか来た高山のことばそのままで懐かしい想いをしました。

宮川にかかる中橋

a0063554_16443149.jpg

a0063554_16454571.jpg
学生時代寝泊まりした国分寺と樹齢450年の銀杏の木


[PR]
# by mikun77mukun | 2017-01-10 16:54 | 日記 | Comments(0)

もう師走

12月師走に入って、天候はどんより雪国状態がつづく。

もうすぐ1年の節目になるが、自分の世界にほとんど変化なし。

1日のルーティンが1週間となって、1ヶ月とつづき1年となるだけ。

1週間の速さはTV番組で感じて、1ヶ月の速さは通院で感じ、

1年の速さは年賀状を作成しなければならない気持ちで感じる。

時間は瞬く間だが、ただ時間がすぎるだけではない。

日々の運命はいろんなところから降り注いでくる。

いろんな形で降り注ぐ『運命の矢』はするどく身に刺さる時もあり、

自分の身体をかすめだけの時もある。それこそ、日々は運命次第。

日々、どんな事態になろうともこころの持ち方次第で、生ある内は、

幸せの喜びを感じながら過ごせることができると思ってはいる。

***

思いはまさに今の自分の気持ちの持ちようで、

昨日の自分でもなければ、1年前の自分でもない。

ましてや、明日の自分の気持ちなど知ることなどできない。

しかし、現在今の自分の思いや願いを曝け出し、強要するような、

いつも自分の我を通せる生活ができることとは思っていない。

お互いに『我慢』しつつ耐えながら生活しているのがふつうの日々。

それに幸せを感じられたら、それが喜びの『生活』なのかもしれない。

***

そんな「自分の気持ち次第だ」と思うのは歳のせいかもしれない。

一月もないもう来年は60歳代の最後の年となるなぁ・・・

                      御堂筋

a0063554_17094339.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2016-12-06 17:14 | 日記 | Comments(0)

霜月



こうなって欲しいと思う幸運なことは、ほとんど実現しないが、


こうなって欲しくないことは、ほとんど現実になってしまいます。


このルールが今年、まさに実感されました。


***


もう今日は11月の最終日で、明日からはやくも師走。


この1年を振り返ると、『まさか』という不運が重なりました。


年明け早々、在住市内で知り合い関係先の駐車場と思って車を止めたら、


他人の駐車場だったばかりに、その持ち主から激しい脅迫的な脅しを受け、


友人紹介の弁護士への相談(当然、有料)までしました。


交渉には様子がわかるように携帯録音機が必要との


弁護士からのアドバイスで即行コジマに行き購入しました。


準備万端、指定期日交渉の幕が開きましたが、


録音機のボタンを押すまでもなく、


酔いが覚めたような穏便な対話になり、不思議な涙。


***


春に北陸の温泉地へ2泊旅行に出かけたが、


初日に部屋に置いてある貴重品金庫に入れたおいた


夫婦共々の財布を盗まれて、どっきり!“おぉ!神様!”状態。


警察の半日がかりの調書作成に付き合わされて、温泉には浸かりましたが、


何もせず、何処にもいかず、帰りの電車賃を借りて残念な帰宅。


しかしこの事件の結末は、


この11月に当地警察から犯人(ホテル従業員)逮捕の情報が入り、その後、


当ホテルからの慰謝料(借りた電車賃)提供と盗難の現金補償となりました。


***


その他大小、色々な事件が発生しましたが、結果として危害なく、


今年中に解決したので、夫婦二人で忘年会をしたいと思っています。


また鬼が笑うかもしれませんが、来年は良い歳でありますよう祈るばかりです。


a0063554_10301839.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2016-11-30 10:37 | 日記 | Comments(0)

こころも秋色

辺りが秋色に染まって、こころも秋色になりました。

寒い朝、今日もバス停に並びながら青空を仰ぎ見ると

おおきな綿雲がいくつかぽかりぽかりと浮かんで、

風に流されながらやさしい朝日に輝いていました。

かわらないいつもの晩秋の景色に、なごみます。

人の気持ちに季節はないのですが、周りの景色で、

気持ちに四季をもたらさせてくれるようです。

今、この何処にでもありそうな風景を見ていて、

気持ちいい、ありがたいと感じさせてくれることに、

こころから感謝したいと思いました。

今年もあとひと月となり、過ぎた春、夏のことを

振り返っても、語ることもなく、改めることもなく、

いつのまにか季節が過ぎてゆき、これまで、

時間の流れに我が身を任せきて、思い出をこころに、

今日のこのときを大事にしたい思うばかりです。

a0063554_16230370.jpg
a0063554_16234392.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2016-11-25 16:25 | 日記 | Comments(0)

晩秋

a0063554_13530563.jpg
年賀状が売り出されて、しばらくすると

御堂筋にイルミネーションが灯され、

夜の明りが冷たく、月も冷え冷えと輝き、

それでも、今日は少し暖かな小春日和です。

バス停の前の街路樹はすっかり秋色に、そして

はらはらと、落ち葉は重なり道ばたを染めています。

*****

先週、校友会友人とGOLFで楽しい一日。

その週末日曜には法相宗大本山『薬師寺』で

校友会会長村上新管主の普山式がありました。

その日、午後からは秋雨の中、晩秋初冬の境内に

東儀秀樹さんの雅楽、上原まりさんの琵琶の音が

響いてこころの洗濯をしてきました。

a0063554_13521538.jpg






[PR]
# by mikun77mukun | 2016-11-22 13:55 | 日記 | Comments(0)

こころの休息

もう晩秋の趣で朝夕はすこし冷たい風です。

先週末の曇り空の日、箕面の山向こう『能勢』に

連れ合いとコスモスを見に行ってきました。

もう盛りを2週間ほど過ぎており枯れた花や

枝が折れたものもあり、少し間引かれたような

コスモス畑ではありましたが、

近くの木々からは野鳥の声も聞こえ、

秋深まる季節を感じてきました。

コスモス畑の隣に松林があって、

林間に農家自作の古ぼけた椅子とテーブルも幾つか置いてあり、

坐していると、こころから休まる気分に浸ることができました。

連れ合い作『おにぎり』とそこで売っていた『おでん』が

自宅では味わえない中々味わい深いドッキング・ランチ。

久しぶり、こころの休日を味わった1日でした。

a0063554_16004209.jpg
a0063554_16032676.jpg


[PR]
# by mikun77mukun | 2016-10-25 15:53 | 日記 | Comments(0)

今年初めてのGOLF

先日、久々、GOLFコンペに参加しました。

北摂地域の関関同立龍5大学OBコンペです。

経験はあるものの技が伴わない自分は

断り続けていましたが、やむなく、迷惑と知りつつ、

メンバー不足ということで参加。

しかしというか、やっぱり、

恥ずかしながらBBで飛び賞をゲット。

どんぐりがたくさん落ちていて秋の深まりと

雨が降りそうな曇り空の中、我が打数、不明混乱。

あちこちボールを探し回りながら、尚且つ

砂場に入ればボールが中々出てこない哀しい状況。

山奥に入れてNEWボール池に入れてNEWボールと

お金を払ってまで、なんでこんなことしなければと、

汗かき首傾げながら、時々眼から涙の1日でした。

その上、我母校が最下位の結果。

来月には反省を込めて、GOLF研修会をするという。

なにか邪悪な宗教に嵌った気になってきました。

それからは、念仏を唱えるように毎日、

我が家の前で、素振りをしたり、
いろんな邪念を掃いながら、
教本を見たりしています。

ちょうど今、不思議なことに自分にぴったりの内容で、

NHK趣味講座でも取り上げてくれています。

他にもやりたいことがあるのに・・・と思いながら、

無我の境地で素振りをしています。

a0063554_16002785.jpg

a0063554_15541601.jpg

                          
[PR]
# by mikun77mukun | 2016-10-17 16:07 | Comments(0)

不機嫌な時代

昨年から、スポーツジムに行ったりしていますが、

高齢者の傲慢な態度やマナーの酷さに辟易しています。

そのマナーの悪さは、言葉に出せない、

これまでどんな生活をしてきたのかと驚くほど。

湯浴みをせず湯船に入り、

湯船の中で自分のタオルを絞り、

サウナの中で、大声でゴルフ談義。

パウダー室では、ドライヤーで頭髪だけではなく、

下の毛や水虫足の指も乾かす始末。

プールの流しではガムが常にこびりついており、

身体の健康のためのジム通いですが、

これでは、

心のストレスが溜まってしまいます。

***

自分が幼少の頃は、

大人たちが親と同じようにマナーのない子供たちを叱って、

近所のおっさんは公衆道徳には厳しく怖かったものです。

最近、

公共施設でも自分さえ良ければというマナー無視や

客のクレーマーの酷さもニュースになったりしています。

親の過保護も信じられないほどで、

子供が靴を履いたまま電車の座席で飛び跳ね遊ぶのを、

注意すると子供をかばって逆切れする親もいるほど。

あちこちでこんな逆切れが多く、誠に住みにくい世の中になっています。

今の日本は、こころに余裕がなく、

『総不機嫌時代』になっているのかもしれません。

もっと、『のんびり』、『ゆっくり』

他人には嫌な思いをさせず、
思い遣りをもって暮らしていきたいものです。


[PR]
# by mikun77mukun | 2016-10-04 11:15 | Comments(0)